学術論文 参考論文 著書 総説・解説・展望・資料等 特許 その他 

学会および社会における活動  (1). 国際学会および社会における活動 (2)国内学会および社会における活動

 

学術論文

1.      柔軟梁制御用バイモルフ型圧電素子の最適設計に関する研究

日本機械学会論文集(C編), 61 (1995), 57-64. 

鐘偉, 田中真美, 井林 , 長南征二

2.      Force Control of a Flexible Finger with Distributed Sensors and Piezoelectric Actuators  

JOURNAL OF INTELLIGENT MATERIAL SYSTEMS AND STRUCTURES, 7 (1996), 301-306. 

M.TANAKA, S.CHONAN AND Z.W.JIANG

3.      Development of an artificial urethral valve using SMA actuators  

Smart Materials and Structures , 6 (1997) , 410-414.

S Chonan, Z W Jiang, J Tani, S Orikasa, Y Tanahashi, T Takagi, M Tanaka and J Tanikawa

4.      Development of a palpation sensor for detection of prostatic cancer and hypertrophy (optimum structural design of sensor)

International Journal of Applied  Electromagnetics and Mechanics, 9 (1998), 25-38.

Seiji Chonan, Zhong Wei Jiang, Mami Tanaka, Takuji Kato and Masatomo Kamei

Yoshikatsu Tanahashi

5.      Measurement and Valuation of Touch Sensation ( AE Sensor Readings Compared with Tactile

    Perception of Forefinger)

Studies in Applied Electromagnetics and Mechanics, 13 (1998), 289-292. 

Mami TANAKA, Seiji CHONAN, Zhong-Wei JIANG, Tomohiro HIKITA

6.      A SOFT PALPATION SENSOR AND ITS APPLICATION TO MEASUREMENT OF THE STIFFNESS  OF PROSTATE GLAND 

Journal of Technical Physics, 39 (1998), 397-409. 

S.CHONAN, Z.W.JIANG, M.TANAKA, Y.SUGA and Y.TANAHASHI

7.      小型ソフトハンドリンググリッパを用いたアクティブセンシングの研究(把持対象物の計測同定)

日本AEM学会誌, 6 (1998), 36-43.

金永吉吉,長南征二,江 鐘偉,田中真美,廣瀬太一

8.      Force control of an artificial finger with distributed sensors driven by a piezoelectric actuator

REVUE ROUMAINE DES SCIENCES TECHNIQUES SERIE electrotechnique et energetique, 43 (1998), 333-342.

Mami TANAKA, Seiji CHONAN and Zhong-Wei JIANG

9.      衝撃を受けるコンタクトヘッド・回転磁気ディスク系のヘッド跳躍特性

日本機械学会論文集(C, 65 (1999), 932-939.

江 鐘偉,渥美 勝,田中真美,長南征二

10.  触覚感性の計測(人間の触感とPVDFセンサ出力の対比)

日本機械学会論文集(C編), 65 (1999), 970-977.

田中真美,長南征二,江 鐘偉,中島英貴

11.  Artificial urethral valve using SMA actuators (verification of opening/closing function and 

thermo-metallurgical-mechanical model of SMA actuators)

International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 10 (1999), 45-62.

Seiji Chonan , Zhong Wei Jiang, Mami Tanaka, Jun Tanikawa, Kentaro Hirano, Seiichi Orikasa, Takashige Namima and Keiichiro Uchi

12.  Artificial SMA valve for treatment of urinary incontinence: Upgrading of valve and 

introduction of transcutaneous transformer

Bio-Medical Materials and Engineering, 9 (1999), 97-112.

M.Tanaka, K.Hirano, H.Goto, T.Namima, K.Uchi, Z.W. Jiang, H. Matsuki, Y.Tanahashi, S.Orikasa and S.Chonan

13.  前立腺の硬さ及び形状評価のための触診センサ(臨床応用と信号処理について)

日本機械学会論文集(C編), 65 (1999), 3296-3301.

田中真美,亀井正知,古林満之,江 鐘偉,棚橋善克,長南征二

14.  皮膚表面性状計測用センサの開発(1, センサの基本特性)

日本AEM学会誌, 71999), 310-315.

田中真美

15. Development of Soft Tribo-Sensor Using PVDF Film for Skin Surface Contour Measurement

JOURNAL OF INTELLIGENT MATERIAL SYSTEM AND STRUCTURES, 10 (1999), 481-488.

ZHONGWEI JIANG, KATSUYOSHI FUNAI, MAMI TANAKA AND SEIJI CHONAN

16.  Functional and morphological studies of photodamaged skin on the hands of middle-aged Japanese golfers

European Journal of Dermatology, 10 (2000), 277-281.

Katsuko KIKUCHI-NUMAGAMI

Takaki SUETAKE

Motohiro YANAI

Motoji TAKAHASHI

Mami TANAKA

Hachiro TAGAMI

17. Development of an active palpation sensor for detecting prostatic cancer and hypertrophy

Smart Materials and Structures, 9 (2000), 878-884.

M Tanaka, M Furubayashi, Y Tanahashi and S Chonan

18.  Development of soft tactile sensor for prostatic palpation diagnosis: sensor structure design and analysis

Shock and Vibration, 7 (2000), 67-69.

Zhongwei Jiang, Seiji Chonan, Yoshikatu Tanahashi, Mami Tanaka and Takuji Kato

19.  Development of a Tactile Sensor for Detecting Catheter’s 3-Dimensional Bearings

Transactions of the Materials Research Society of Japan, 26 (2001), 125-128.

Mami Tanaka, Yoshikatu Tanahashi and Hirotaka Hayashi and Seiji Chonan

20.  Development of a haptic sensor for measuring skin morphological features

Journal of Advanced Science, 12 (2001), 238-244.

Mami TANAKA, Hideki ICHINOSE and Seiji CHONAN

Katsuko NUMAGAMI

Zhong Wei JIANG

21. Development of artificial urethral valve with transcutaneous energy transformer

International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 12 (2001), 79-85.

M.Tanaka, H.Goto, T.Namima, H.Matsuki, S.Orikasa, Y.Tanahashi and S.Chonan

22.  DEVELOPMENT OF A SOFT TRIBO-SENSOR FOR MONITORING SKIN CONDITIONS

ELEVENTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ADAPTIVE STRUCTURES AND TECHNOLOGIES, (2001), 185-192.

M.Tanaka, H.Ichinose, K.Numagami, Z.W.Jiang, S.Chonan

23.  Development of tactile sensor for monitoring skin conditions

Journal of Materials Processing Technology, 108 (2001), 253-256.

Mami Tanaka

24.  Development of mechanical SMA urethral valve with transcutaneous energy transmission system

International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 142002, 381-390.

Mami Tanaka, Tetsushi Sakamoto, Feng Wang, Takashige Namima, Yoshikatsu Tanahasi and Seiji Chonan

25. Haptic sensor for monitoring skin conditions

International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 142002, 397-404.

Mami Tanaka, Jun Hiraizumi, Jean Luc Leveque and Seiji Chonan

26. A PVDF Piezopolymer sensor for unconstrained cardiorespiratory monitoring during sleep

International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 16 (2002), 181-188.

F. Wang, M. Tanaka, S. Chonan

27. Measurement and valuation of touch sensation: Texture measurement on underclothes

Studies in Applied Electromagnetics and Mechanics, 12 (2002) 53-58.

M. Tanaka

28. Development of a PVDF Piezopolymer Sensor for Unconstrained In-sleep Cardiorespiratory Monitoring

Journal of Intelligent Material Systems and Structures, 14 (2003), 185-190.

F.Wang, M.Tanaka, S.Chonan

29. The ''Haptic finger''-a New Device for Monitoring Skin Condition

Skin Research and Techonology, 9 (2003), 131-136.

M. Tanaka, J. Leveque, H. Tagami, K. Kikuchi, S. Chonan

30. COMPUTER-AIDED DESIGN OF A PALPATION SENSOR FOR DETECTING PROSTATIC CANCER AND HYPERTROPHY

THIRTEENTH INTERNATIONAL CONFFRENCE ON ADAPTIVE STRUCTURES AND TECHNOLOGIES, (2003), 188-198.

Mami Tanaka, Yoko Nakagawa, Yoshikatzu Tanahashi, Seiji Chonan

31Artificial urethral valve driven by SMA actuators with transcutaneous energy transmission system

International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 18 (2003), 23-30.

Mami Tanaka, Kazuhiro Abe, Feng Wang, Haruo Nakagawa, Yoichi Arai, Yoshikatsu Tanahashi, Seiji Chonan

32Development of an Active Damper for Railway Vehicle Couplers Using Electrorheological Bypass Valve

Fourteenth International Conference on Adaptive Structures and Technologies, (2004), 541-549.

Feng Wang, Mami Tanaka, Naoto Nakada Tsuyoshi Hayase and Seiji Chonan

33.  Development of an Electrorheological Bypass Damper for Railway Vehicles-Estimation of Damper Capacity from the Prototype

Intelligent in a Small World –nanomaterials for the 21st Century (in press)

S. Chonan, M.Tanaka, T. Naruse, and T. Hayase

34Rating and valuation of human haptic sensation

International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 19(2004), 573-579

Mami Tanaka and Yu Numazawa

35Development of an ER Bypass Damper for Railway car relief couplers

    (Qualitative evaluation of damper capacity from prototype motion)

International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, 19(2004) 269-274

Feng WANG, Mami TANAKA, Naoto NAKADA, Tsuyoshi HAYASE, Seiji CHONAN

36二本指機構を用いたヒトの触覚代行センシングの研究

日本AEM学会誌12,(2004) 41-47.

田中真美,李 楠,長南征二

37 内周刃薄肉ブレードの安定解析

日本機械学会論文集(C編)70 (2004)1595-1601

長南征二, 我妻文博, 田中真美,

38Development of an Electrorheological Active Buffer fro Railway Vehicles(Estimation of theCapacity From Prototype Performance)

Smart Materials and Structures (tentatively accepted for publication )

Seiji Chonan, Mami Tanaka, Takahiro Naruse and Takeshi Hayase

 本ページのトップに戻る

 

 

参考論文

1.      Development of Soft Tribo-Sensor with PVDF Films

PROCEEDINGS OF THE FOURTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT MATERIALS, (1998), 78-79.

Zhongwei JIANG, Katsuyoshi FUNAI, Mami TANAKA and Seiji CHONAN

2.      Soft Tribo-Sensor for Measuring Dermal Roughness: Fundamentals of Sensor

Digests of the Joint Seminar ’99 ,(1999), 99-100.

M. Tanaka, H. Ichinose, K. Numagami, Z.W. Jiang and S. Chonan

3.      Active Tactile Sensing Using A Two-Finger System

Proceedings THE SIXTH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MOTION AND VIBRATION CONTROL, (2002), 762 – 767.

M.Tanaka, N. Li and S. Chonan

4. Active haptic sensation for monitoring skin conditions

PROCEEDINGS OF THE 3RD JAPANESE-MEDITERRANEAN WORKSHOP ON APPLIED ELECTROMAGNETIC ENGINEERING FOR MAGNETIC AND SUPERCONDUCTING MATERIALS & 3RD WORKSHOP ON SUPERCONDUCTINGFLYWHEELS (JAPMED03), (2003), 77-78.

Mami Tanaka, Hiroyasu Sugiura and Seiji Chonan

5Measurement and Valuation of Touch Sensation

Proceedings of the 2003 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment(IIP/ISPS Joint MIPE’03),(2003), 373-374.

Mami Tanaka, Yoshihiro Tanaka and Seiji Chonan

6Development of a Tactile Sensor for Reading Braille

Proceedings of the 2003 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment(IIP/ISPS Joint MIPE’03),(2003), 375-376.

Mami Tanaka, Kaoru Miyata, Tatuo Nishizawa and Seiji Chonan

7. Development of a Sensor for Monitoring Human Hair Condetions

2nd International Conference on Mechatronics and Information Technology, 335-338.

Hirotaka HAYASHI, Mami TANAKA, Seiji CHONAN

8.  Activation of SMA Actuators Used in Artificial Urethral Valves --Transcutaneous Energy Transmission with Closed Loop Thermo Control

The First International Symposium on Intelligent Artifacts and Bio-systems (CD化中)

Mami Tanaka, Feng Wang, Kazuhiro Abe, Yoichi Arai, Haruo Nakagawa, Seiji Chonan

9.  A Closed Loop Transcutaneous Power Transmission System with Thermal Control Artificial Urethral Valve Driven by SMA Actuator

Proceedings of the International Symposium on Smart Materials for Engineering and Biomedical Applications,

China Aviation Press, (2004),291-299

Mami Tanaka, Feng Wang, Kazuhiro Abe, Yoichi Arai, Haruo Nakagawa, Seiji Chonan

本ページのトップに戻る

 

 

著書

1. ()日本機械学会編 インテリジェント技術−材料・構造― 日刊工業新聞社発行, 長南征二・田中真美(執筆分担) 64-72.

2. 新材料2000 ()東レリサーチセンター編集・発行, 長南征二・田中真美(執筆分担)157-159.

3. The Encyclopedia of Smart Materials (Ed. J. A. Harvey), John Wiley & Sons, Inc. J. Qui and M. Tanaka (執筆分担)82-94.(2002)

4.ナノ・マイクロマシン技術総覧 ナノ・マイクロマシン技術総覧編集委員会編集 且Y業技術サービスセンター発行, 長南征二・田中真美(執筆分担)2002, 702-704.

5. Kirk-Othmer Encyclopedia of Chemical Technology Online Edition, Biomaterials, Prosthetics, and Biomedical Devices,

J. Qui and M.Tanaka http://www3.interscience.wiley.com/cgi-bin/home

本ページのトップに戻る

 

 

総説・解説・展望・資料等

1. 形状記憶合金を用いた人工尿道開閉弁の開発

日本機械学会誌 101 (1998)76.

長南征二,折笠精一,谷 順ニ,松木英敏,棚橋善克,江 鐘偉,木敏行,田中真美,浪間孝重,内啓一郎,谷川淳,平野建太郎

2. 形状記憶合金を用いた人工尿道バルブの開発

人工臓器27(1998), 696702.

長南征二 田中真美

3. 触覚センサの開発(感性計測と医療への応用)

日本AEM学会誌71999)359-366.

田中真美

4. 前立腺触診用センサの開発

月刊「超音波TECHNO12(2000)46-49.

田中真美

5. スキンケアと皮膚性状計測

日本機械学会誌メカライフ特集号 1042001)816-817.

田中真美

6. 皮膚性状計測用触覚センサ

トライボロジスト第48号第7号(2003),536-540.

田中真美

7.皮膚性状計測用センサの開発

日本設計工学会, Vol.39 No.32004),26-29

田中真美

本ページのトップに戻る

 

 

 

特許

1.    表面性状測定装置および方法 

出願番号 : 特許出願2000−383637 出願日 : 2000年12月18日

公開番号 : 特許公開2002−181693 公開日 : 2002年6月26日

2. レーザーを用いた体内留置器具加温治療器 

出願番号 : 特許出願2001−97377 出願日 : 2001年2月21日

公開番号 : 特許公開2002−238940 公開日 : 2002年8月27日

3. 点字読取装置

 1)日本

(1)出願番号:特願2002-051592 出願日:2002/2/27

公開番号:公開2003-150897   公開日: 2003/05/23

(2)出願番号:特願2003-071502 出願日:2003/3/17

2)アメリカ
BRAILLE LETTER READING APPARATUS
,出願番号:手続き中 出願日:2003/2/27

3)ヨーロッパ(イギリス,ドイツ,スェーデン)
BRAILLE LETTER READING APPARATUS
,出願番号:03251026.5 出願日:2003/2/20

本ページのトップに戻る

 

 

 

その他

1.     皮膚センサーの開発 日刊工業新聞 1999728

2.     肌ざわりの評価もこれでバッチリ!(皮膚計測とトライボロジー)

月刊トライボロジ10(1999),1999,12

長南征二, 田中真美

3. Skin Sensor for Objective Evaluation of Diagnosis by Palpation

   TECNOJAPAN Vol.32 No.10 Oct.1999Fuji Technology

4New Type of Artificial Urethral Canal Valve

  NEW TECHNOLOGY JAPAN JETRO Vol.28 No.2 May, 2000JETRO

5.人工臓器の最前線(4~尿失禁,機械で食い止める 形状記憶合金で尿道開閉

東京読売夕刊 2000530

6. ダヴィンチの予言(TV)テレビ朝日 20001028日放送

7.「形状記憶合金をアクチュエータとして動作する人工尿道バルブの開発」

  第19回モータ技術展 産・学交流プラザ

8.機能性材料の医学問題への応用(人工尿道バルブ,前立腺癌診断用センサ,皮膚センサ等)

社団法人 日本工業技術振興協会スマート・アクチュエータ/センサ定例会での講演, 20011月(東京)

9.触診センサの開発と皮膚性状の計測

技術情報協会セミナー(機器を用いた皮膚特性の計測とその評価)での講演, 20022月(東京)

本ページのトップに戻る

 

 

 

 

学会および社会における活動  (1). 国際学会および社会における活動

Fifth Magnetodynamics Conference 国際組織委員(平成7年)

Second Romanian-Japanese Joint Seminar on Applied Electromagnetics and Mechanics 国際組織委員(平成9年―平10年)

1st Japanese-Greek Joint Workshop on Superconductivity and Magnetic Materials 国際組織委員(平成11年)

rd International Workshop on Advanced Mechatronics 国際組織委員(平成11年)

Third International Symposium on Shape Memory Alloys and Related Technology 国際組織委員(平成12年)

2nd Japanese-Greek Joint Workshop on Superconductivity and Magnetic Materials 国際組織委員(平成13年)

The Third Romanian - JapaneseJoint Seminar on Applied Electromagnetics and Mechanics国際組織委員(平成13年)

International  Conference on Mechatronics and Information Technology (4thInternational Workshop on Advanced Mechatronics) 国際組織委員(平成13年)

E-tech International Conference 国際プログラム委員(平成13年)

The 2003 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment(IIP/ISPS Joint MIPE’03)国際プログラム委員(平成14

International  Conference on Mechatronics and Information Technology (5thInternational Workshop on Advanced Mechatronics)

 国際組織委員(平成14年−)

本ページのトップに戻る

 

 

 

学会および社会における活動 (2). 国内学会

び社会における活動

・科学技術庁地域流動研究「先端機能材料を用いた柔構造機械システムに関する基礎研究」研究開発推進委員会委員(平成7年―平成9年)

・新エネルギー・産業技術総合開発機構 地域コンソーシアム研究開発事業

 「超高密度情報ストレージコンポーネント」研究開発推進委員会委員 (平成10−平成13年)

・新エネルギー・産業技術総合開発機構 地域コンソーシアム研究開発事業

 「ベンチャー企業支援型地域コンソーシアム研究開発(中小企業創造基盤型)全方位診断スマートカテーテルの研究開発」

研究開発推進委員会委員 (平成12年−平成13年)

・新エネルギー・産業技術総合開発機構 地域コンソーシアム研究開発事業「マイクロファイバ・エネルギー伝送型先進的治療システムの開発」研究開発推進委員会委員 (平成13年―)

・日本機械学会 10回電磁力関連のダイナミックスシンポジウム実行委員・プログラム委員長 (平成9年―平成10

・日本機械学会 機械力学・計測制御部門 東北地区ダイナミクス&コントロール研究会 委員 (平成9年―

・日本機械学会 東北支部講習会「医療工学の現状と将来展望」 講師 (平成1112月)

・日本機械学会 情報・知能・精密機器部門企画講習会「機構制御の最先端と情報・医療福祉機器への応用」 講師 (平成125月)

・日本機械学会 機械力学・計測制御部門 東北地区ダイナミクス&コントロール研究会 幹事 (平成128月−)

・日本機械学会 第13回バイオエンジニアリング講演会 セッションオーガナイザー(平成12年−平成13年)

・日本機械学会 第13回バイオエンジニアリング講演会実行委員会委員(平成12年−平成13年)

・日本機械学会 IIP’00情報・知能・精密機器部門講演会 セッションオーガナイザー(平成12年)

・日本機械学会 IIP’01情報・知能・精密機器部門講演会 セッションオーガナイザー(平成13年)

・日本機械学会 情報・知能・精密機器部門 運営委員会委員(平成13年―)

・日本機械学会 情報・知能・精密機器部門 代議員(平成13年―)

・日本機械学会 メカライフ編集委員会委員(平成13年―平成15年)

・日本機械学会 情報・知能・精密機器部門 知能情報メカトロニクス分科会 委員(平成13年―)

・日本機械学会 2001年度年次大会 セッションオーガナイザー(平成13年)

・日本機械学会 論文編集委員会校閲委員(平成13年―)

・日本機械学会 第80期情報・知能・精密部門 運営委員(平成14年)

・日本機械学会 広報・情報部会委員(平成14年―)

・日本機械学会 2002年度年次大会 セッションオーガナイザー(平成14年

・日本機械学会 情報・知能・精密機器部門 医療福祉機器における計測制御研究分科会 主査(平成14年―)

・日本機械学会 第81期情報・知能・精密部門 運営委員(平成1年―)

・日本機械学会 機素潤滑設計部門 アクチュエータシステム技術企画委員会 委員(平成15年―)

・日本機械学会 情報・知能・精密機器部門 表彰委員会委員(平成15年―)

・日本機械学会 バイオエンジニアリング部門 バイオフロンティア講演会 実行委員(平成15年―)

・日本機械学会 2003年度年次大会 セッションオーガナイザー(平成14年−

・精密工学会 東北支部 事業幹事(平成14年―)

・精密工学会 評議員(平成14年―)

・精密工学会 広報委員会委員(平成14年―)

・日本AEM学会 電磁力関連の振動・騒音制御に関する調査研究分科会 委員 (平成9年―

・日本AEM学会 13回電磁力関連のダイナミックスシンポジウム セッションオーガナイザー(平成13年)

・日本AEM学会 企画運営委員(平成14年−)

・日本AEM学会 第14回電磁力関連のダイナミックスシンポジウム セッションオーガナイザー(平成14年)

・日本AEM学会 15回電磁力関連のダイナミックスシンポジウム セッションオーガナイザー(平成15年)

・日本ロボット学会 編集委員(平成15年―)

・知能ロボットコンテスト競技会実行委員会実行委員(平成7年―)

・第11回知能ロボットコンテストフェスティバル 実行委員長(平成10年―平成11年)

SICE先端融合部門 次世代医療福祉システム研究会 委員 (平成15年―)

本ページのトップに戻る

 

 

 

学術論文 参考論文 著書 総説・解説・展望・資料等 特許 その他 

学会および社会における活動  (1). 国際学会および社会における活動 (2)国内学会および社会における活動

 


田中のページのトップに戻る。